選択

3ニャンズ定番の猫砂を探す

猫用品(2012.05.31 更新)

猫と暮らしていれば特別な場合を除いて必須になるのが猫のトイレと猫砂。
世の中に数多ある猫砂の中から、多くの飼い主さん方がそうであるように、私もわが家のニャンズに合った猫砂を見つけるまで、試行錯誤の繰り返しで苦労しました。

たくさんの猫砂があるように、猫との相性も様々なので「これが決定版!」という猫砂はなかなかありませんが、それでも猫砂選びで悩まれている方の参考になればと思い、ここにわが家の猫砂選びの変遷を書き留めておきたいと思います。

さて、まずは猫砂を買うお店について。
かつては近隣のホームセンターへ都度買い出しに行っていたのですが、3匹で使う事を考えると、ある程度の量を買わなければなりません。これがなかなか大変で・・・。やがて通販で購入するようになりました。通販サイトとしては、キャットタワー等でお世話になっているアイリスプラザ さん。そのため、ここで紹介する猫砂は全てアイリスプラザさん取り扱いのものになります。



最初に「これはなかなかいいかも!」と、しばらく購入していたのが、アイリスプラザさん猫砂NO.1人気の「ハイパーウッディフレッシュ 」です。「ガッチリ固まる!!+しっかり脱臭!!」というキャッチコピー通り、なかなか優秀な猫砂です。主原料が木なので、一応は木質系なのですが、固める素材としてベントナイトが配合されているため、トイレに流す事はできません。また、固まった後は鉱物系の猫砂に近い重さになります。


この「ハイパーウッディフレッシュ 」は、現在もリピート買いされている方が多い、とても定番の猫砂なのですが、
1年間ぐらい使ってみて、結局わが家では買うのを止めてしまいました。トイレに流せない事はそれほど問題ではないのですが、全く固まらなかったり、最初は固まってくれてもすぐに固まりが悪くなったり、また一旦固まったものをスコップで取り出す時に、とてもよく固まってすくいやすい時と、一見固まっていてもすくおうとすると、すぐにボロボロと崩れてしまったりと、パッケージの個体差がある事を痛感しました。ただ、製品だけが悪い訳では無く、猫の尿質によっても固まり具合が異なると思うので、一概に猫砂のせいにだけはできませんが、わが家ではとても使いにくい猫砂になってしまった事は事実です。

定番としてハイパーウッディフレッシュ 」を使い続けるつもりでいましたが、とにかくトイレ掃除がしにくくて困るので、次の猫砂を探す事にしました。とにかく色々使ってみて、様子を見ようと思い、まず買ってみたのが「炭の猫砂」です。しかし、この猫砂、確かに炭が配合されていて消臭力は素晴らしいのですか、性質は「ハイパーウッディフレッシュ 」とほぼ同じ。一旦固まっても、ボロボロと崩れてしまう事が多かったり、開封して早々に固まりが悪くなってしまいました。炭が配合されて黒ずんでいるため、最初から「ハイパーウッディフレッシュ 」が使い古された様な色をしていて、見た目もあまり良くありませんでした。また、「ハイパーウッディフレッシュ 」同様にベントナイトが配合されているため、やはりトイレに流す事はできません。結果として、炭の猫砂は定番候補から落ちました。


続いて購入してみたのが「ひのきでつくった猫砂 」です。


商品名の通り「ひのき」の香りがかぐわしい猫砂です。
この猫砂は固まりは合格! ただ、わが家のニャンズにはちょっと砂の粒が大きいのがお気に召さないようで、隣に「ハイパーウッディフレッシュ 」のトイレを置いておくと、まず見向きもされない状態でした。猫によっては、粒の大きい方が好みという事もあると思うので、ここは好みによって分かれる所でしょうか。複数あるトイレを全て「ひのきでつくった猫砂 」にしてしまえば、否応なく使ってくれると思いますが、とてもトイレがしづらそうな様子を見ていたら、とてもこのまま続けて使う事はできませんでした。とりあえず、候補という事で、次へ進みます。


次に購入してみたのが「pHチェック猫砂 」です。


かつてキンタが罹った尿管結石などのF.L.U.T.D.(猫下部尿路疾患)をチェックする事ができる「チェック砂」が配合された猫砂です。ベースとなっているのは、「ハイパーウッディフレッシュ 」で使われている木質系の砂だと思うのですが、この「pHチェック猫砂 」は固まりも良く、しばらく気に入って使う事ができた猫砂の1つです。しかし、機能性猫砂であるため、単価が高いのが困りもので・・・。定番として使うには、コストも大切です。色々と考えて、結局試してみてはいませんが、この「pHチェック猫砂 」と「ひのきでつくった猫砂 」を混ぜてみたら、意外といい猫砂になるんじゃないかと思ってみたりもしました。


そして、いよいよ現在の定番として使っている猫砂に出会いました。それは、アイリスプラザさんのオリジナル商品である、緑茶の香り「お茶の猫砂 」です。


とりあえず、「お茶の猫砂・お試し1袋 」を買って使ってみました。
中国産の猫砂が多い中で、この「お茶の猫砂 」は国産品。主要材質には「おから、炭酸カルシウム、木粉、茶葉」が使われていて、お茶の香りも良いし、とにかく軽い! 尿を含んでも鉱物系の様な重さにならず、更にトイレに流す事もできるのはとても助かります。そして課題の固まり具合ですが、これまで16袋近く使ってみましたが、合格! ちゃんと固まってくれています。

おからがメインなので、ガチッとした固まりではありませんが、ボロボロと崩れてしまう事もなく、スコップできれいにすくう事ができます。砂の粒も鉱物系と比べると大きいのですが、前出の「ひのきでつくった猫砂 」と比べると小さな粒なので、ニャンズも嫌う事なく普通に入ってくれています。どんな猫砂でも使い続けていく内に湿気を帯びていくので、次第に固まり度合いは低下しますが、この猫砂は比較的長期間、固まる力が維持されている感じで、これまでの猫砂と比べてとても満足しています。

最近はお得な8袋セットで購入。
1袋単価がお安くなるので、わが家では定番の猫砂として活躍しています。

キャットタワーの爪研ぎ部分を交換してみました

猫用品(2010.07.30 更新)

[初版]2009.05.23

先日ホームセンターへ出掛けた折に、猫用品コーナーで新しいキャットタワーを発見した。
CatLifeの猫写真にも度々登場する、アイリスオーヤマ製のキャットタワー「キャットランド 」が、
いつの間にかリニューアルされているではありませんか!
形状こそ同じだけれど、張られている布素材が可愛らしくなっていた・・・。

そんな中ふと、爪研ぎになっている柱の部分を見てビックリ!
これまでのキャットランドは縄ヒモがグルグルと巻かれていたのが、
何とマジックテープ仕様で交換できるシート状になっているじゃないですか!

実は我が家のタワーは2代目なのです。
そして交換しなければならない最大の理由が、この縄ヒモがバリバリにされてちぎれてしまう事。
縄ヒモを単純に巻き直す事もできず、結局全部買い直しをしなけれはなりませんでした。
ところが、新型はそこが改善されて交換できるシートに!
ハッ!そうだ、きっとこのシートだけ別売りになっているハズだから、
もしかしたらそれが我が家のタワーに使えるかも。
そうすれば、タワーは買い直さなくてもよくなる!

早速アイリスオーヤマさんの通販サイトを見てみると、ありました「つめとぎシート 」。



キャットランド専用つめとぎシート


早速、4枚程購入してみました。

つめとぎシート

こちらが到着した「つめとぎシート 」です。
うーん、この箱はニャンズにプレゼントしようかな。

つめとぎシート

商品タグを見て、またまた新たな発見!
なんと「両面使える!」って書いてあるじゃないですか〜!
片面がボロボロになってきたら、裏返してしまえばOKなんて、
なんとも嬉しい仕様です。

つめとぎシート拡大

シート面を拡大してみました。
白い部分は固定のためのマジックテープです。
形状は縄ヒモとは違うんですが、触ってみると、
意外に縄ヒモの時と同じような感触なんです。
これなら今までと同じようにトギトギしてくれそうです♪

応急処置している縄ヒモ

さて、こちらが問題の、ちぎれてしまった縄ヒモです。
応急処置として縛って、これ以上の崩壊を止めています(^^;
柱の右側に結び目がありますが、実際に切れてしまったのはささくれている左側です。
とりあえず結び目を解いて縄ヒモを外していきます。

キンタ

下側を外したところでキンタ登場。

キンタ「何してんだよ〜、あちこち縄の破片が散らばってるぜ」

普段とちょっと違う事やってると、
すぐに興味津々でやってくるんですよ・・・。
とりあえずほっといて、作業続行です。

縄ヒモの無くなったタワーの柱部分

ようやく縄ヒモを外せました。
ちなみに縄の端っこは柱の上下に空いた穴から内側に入って、
柱の内部で固定されているので、柱を外したくない場合は、
縄ヒモを少し引っ張りながらハサミでカットすればOKです。

新しい「つめとぎシート」装着

綺麗になった柱に「つめとぎシート 」を装着しました。
マジックテープのため、固定する位置は決まっています。
少しゆるい感じになりますが、回して動かせる方が、
爪研ぎポイントを調整できて便利だと思いました。

頃合いを見計らったかのように、ギンタが見に来ました。

ギンタ「これでツメトギしてもいいニャ?」

どうぞ、どうぞ!
(最初ためらってましたが、ちゃんと爪研ぎしてくれました)

新旧の「つめとぎ」

新旧の「つめとぎ」柱です。
縄ヒモが随分黄色く見えますが、最初はこのシートの様な
淡い色だったんですよ(^_^;

さて、残す3カ所はまた時間を見て交換したいと思います。


1

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

おすすめ商品

キンタ・はな・ギンタのにゃんこ生活 (Seiseisha mini book)
キンタ・はな・ギンタのにゃんこ生活 (Seiseisha mini book) (JUGEMレビュー »)
佐藤 誠
キンタ・はな・ギンタの3ニャンズの生い立ちを綴るフォトストーリー。

twitter

楽天

RSS配信中

qrcode

スポンサードリンク